ヘアカラー パーマ | ヘアカラーやパーマは抜け毛・薄毛の原因になるか?

AGA

「AGA治療」ならココしかない!

ヘアカラーやパーマは抜け毛・薄毛の原因になるか?

ヘアカラーやパーマは抜け毛・薄毛の原因になるのでしょうか?
ヘアカラーは薄毛の原因になるか? 答えは NO です。

ネットでは「ヘアカラーは薄毛の原因となるから危険」と掲載されているサイトをよく見かけます。しかし、実際は違います。

なぜなら髪は頭皮にある毛母細胞で作られるので、皮膚から生えた先の部分を染めたり、パーマをかけたからといって発毛に影響があるわけではありません。

ヘアカラーやパーマは薄毛と直接関係はない

ヘアカラーやパーマは薄毛と直接の関係はありません。

そうはいっても「染料が頭皮に付いたりしたら髪が生えてこないんじゃないの?」って疑問に思われる方、多くいらっしゃると思います。

染料やパーマ液などの薬剤が頭皮に付着した場合でも、きちんと洗浄すれば大丈夫です。
気にしすぎる必要はありません。

重要なのは「きちんと洗浄」するということです。
いいかげんなシャンプーの仕方では、頭皮に染料やパーマ液が残ってしまい、皮膚炎をおこす可能性があります。そうすると髪の発育に影響が出る可能性があるので、きちんと洗いましょう。
使うシャンプーも頭皮にいいシャンプーを選ぶことをおすすめします。


染料やパーマ液が体質的に頭皮に合わない場合は、即座に使用を中止し、皮膚科の医師に診断を仰ぐことをおすすめします。


薄毛が気になるならお医者さんに相談すべし

結局のところ、ヘアカラーはパーマでは薄毛になったりしません。

実際、自分は発毛した後、髪を染めていますから^^
でも抜け毛が気になったりしてませんよ。

AGA治療BeforeAfer

AGA治療開始前と現在。発毛したのでオシャレに髪の色を変えました!


薄毛になる原因は体質です。

皆さん気が付いていないようですが AGAは体質による病気 なんですよ。だから恥ずかしがることなんてまったくありません。遺伝子レベルで問題が起こっているだけなんです。

だからこそお医者さんと一緒に治療する必要があるんです。

風邪をひいたら内科医の診断を受けますよね?
怪我をしたら外科医の診断を受けますよね?

それと同じで 薄毛になったらAGA治療の専門医の診断を受ければいい んです。

間違っても効果の薄い育毛エステなんかに行かないでください。

なぜなら、日本皮膚科学会が発表した『男性型脱毛症診療ガイドライン』によると、推奨度 A の治療薬は
ミノキシジル
フィナステリド
この2つしかないと公表されています。

医学的根拠があるのは、この治療方法だけなんです。
頭皮のマッサージをいくらやったところで発毛はしません。
頭皮マッサージや高価なトリートメントによって、髪にハリやコシが出て発毛したように感じるかもしれませんが、育毛しているだけです。髪が生えているわけではありません。顕微鏡でナノレベルの発毛を確認されても目に見える効果は得られません。

もしあなたが目に見える効果を求めるなら 銀座総合美容クリニック での治療をおすすめします。自分が通っていたAGA治療の専門クリニックで、上の写真のように目に見える効果を確認できた信頼できるクリニックの1つです。

まずは、軽い気持ちで無料カウンセリングを受診してみてはいかがでしょうか?
きっと人生が変わりますよ^^

↓↓↓ 銀座総合美容クリニックの無料診断はこちら ↓↓↓
育毛

他にも信頼できるクリニックは全国にたくさんあります。
できる限りまとめていますので、チェックしてみてください。

LINEで送る
Pocket



コメントを残す

コメント

お名前 (必須)

メールアドレス

 (アドレスは公開されません)

Trackback URL

「AGA治療」ならココしかない!