AGA HARG療法 | HARG(ハーグ)療法で薄毛治療!メリット・デメリットは?

AGA

「AGA治療」ならココしかない!

HARG(ハーグ)療法で薄毛治療!メリット・デメリットは?

HARG(ハーグ)療法 とは、再生医療を応用した毛髪再生治療です。

HARG(ハーグ)療法で薄毛治療!

毛髪再生の有効成分をダイレクトに頭皮に与えていく治療法で、医療機関でのみ施術が認められている 最先端の発毛・育毛療法 です。言葉の由来は、毛髪再生医療(Hair Re-generative theraphy)からきています。


幹細胞という分化して人体の皮膚や筋肉などの組織を形成していく細胞から抽出された 成長因子 (Growth Factor / グロースファクター)を使用します。この成長因子に毛髪再生に必要な各種ビタミン、たんぱく質、アミノ酸成分などを配合した HARGカクテル を使用して治療し、毛髪の成長を促して発毛力を回復させます。

HARG(ハーグ)療法に使用する成長因子

この HARGカクテル を頭皮にダイレクトに与え、毛根まで届けることによって、増毛を促します。使用する HARGカクテル は、個人の頭皮状態や、性別によって異なります。


HARG(ハーグ)療法は、手術なしに医療毛髪再生療法・発毛治療ができるのが特徴です。すでにヨーロッパや韓国では多数の実績があり、その育毛・増毛効果や安全性が確立されています。


HARGカクテルの注入方法

HARGカクテルの注入には以下の方法があります。

  • パピュール法:注射針によってHRAGカクテルを注入する。
  • フラクショナルレーザー法:フラクショナルレーザーで皮膚に極小の穴をあけてHRAGカクテルを浸透させる。
  • ナパージュ法:頭皮の表皮にHRAGカクテルを注射する。
  • ダーマローラー法:極細の張りがついた医療用のローラーを使用してHRAGカクテルを浸透させる。

医師とよく相談し、その医療機関で得意な方法で治療してもらうとよいでしょう。


HARG(ハーグ)療法の発毛効果

HARG(ハーグ)療法は プロペシア錠ミノキシジルタブレット を服用するAGA(エージーエー)治療と違って男性でも女性でも発毛治療が受けられ、同じ発毛効果があります。およそ3ヶ月から半年で発毛効果があらわれ、半年から1年で発毛が完成されるといわれています。

人により個人差があります。

3~4週間に1回の頻度で、6回(1クール)の施術を行います。発毛率はなんと驚異の 90%以上! どんな薄毛でも発毛させることができます。現在のところ、副作用など危険な報告はなく、安全性の高い治療法であることが知られています。


症例写真は 発毛治療専門病院・四谷ローズクリニック で確認できます。

四谷ローズクリニック


HARG(ハーグ)療法のデメリット

メリットばかりが目立つHARG(ハーグ)療法ですが、デメリットもあります。ここでは、そのいくつかのデメリットを紹介します。


HARG(ハーグ)療法はコストが高い

まず、予想以上にコストが高いというのが一番のデメリットでしょう。1回でおよそ 8万円~15万円 がかかります。これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれだと思いますが、自分は高いと思ったので フェナステリド(プロペシア) と ミノキシジル を服用をすることに決めました。実際生えてきているので満足しています。

AGA治療開始前と現在

AGA治療開始前と現在。



HARG(ハーグ)療法は発毛の即効性がない

どんな発毛治療でもそうですが、即効性はありません。半年から1年かけて発毛を完成させる必要があります。プロペシア錠ミノキシジルタブレット の服用でも同じくらいの期間がかかりますので、まずは内服薬によるAGA(エージーエー)治療をおこなって、さらなる効果を期待されるのであれば、HARG(ハーグ)療法を試してみるという方法でもよいのかもしれませんね。


確実に髪を増やしたいということであれば 自毛植毛 という方法もあります。


HARG(ハーグ)療法は痛いらしい

人によるのでしょうが治療には痛みが伴います。施術方法によって痛みの度合いが変わってくるようです。痛みについては、治療前に専門医とよく話をして確認する必要がありますね。ちなみに 銀座総合美容クリニック では ノーニードルメソセラピー というAGA(エージーエー)治療がメニューにありました。針を使わずに薬液を頭皮に注入できるので痛みがないということです。


自分が経験した「AGAスキンクリニックのDr.メソ体験」は、発毛効果のあるミノキシジルを頭皮に直接注射する施術でしたが、こちらは痛みもなく増毛感も確認できたので参考にしてみてください。

AGAスキンクリニックのDr.メソ体験

HARG(ハーグ)療法とメソセラピーの違いは、ブランド化されているか否かという差です。HARGカクテルとは、どの成分を使うか決められていますが、各クリニックでおこなっているメソセラピーは、その成分を独自の考えで変更しているとのことです。


HARG(ハーグ)療法を受けられない方

HARG(ハーグ)療法を受けられない方、受けても意味のない方もいらっしゃいます。


まず、ガンの方、抗がん剤治療等の影響で薄毛になった方は治療を受けられません。成長因子はガン細胞をも成長させてしまうので、ガンを進行させるおそれがあります。


また、生きた毛穴がない人も治療を受けられません。HARG(ハーグ)療法は、休止期の毛母細胞を刺激するので、休止期で生えていない毛穴があることが前提となります。毛穴がなかったり、毛母細胞が死んでいる場合、治療を受けても効果があらわれません。


まとめ

HARG(ハーグ)療法は副作用もなく、まさに抜け毛・薄毛に悩む全ての人たちにとって、安心・安全の治療法なのだと思います。しかし、日本皮膚科学会が発表した『男性型脱毛症診療ガイドライン』では、推奨度 A の治療薬は ミノキシジルフィナステリド の2つしかないと公表されています。HARG(ハーグ)療法とは公表されていません。


HARG(ハーグ)療法にしてもメソセラピーにしても局所的な治療です。要は体が衰えて走ったら膝が痛くなったので湿布を貼って治療するというのとなんら変わりません。膝の痛みがなくならなければ痛みどめを飲みますよね?それと同じで、カラダの中から治療しなければならないのがAGA(エージーエー)なのです。遺伝的な要素も高いAGA(エージーエー)は、体質が変わらなければ発毛することはできません。ですから局所的に治療しても効果が出ないかもしれませんし、発毛しても内服薬と一緒でなければ持続できないのです。


また、HARG(ハーグ)療法の医療機関によっては高いお金払ったのに満足できる効果がでなかったり、対応が悪かったりという評判も聞きます。お金に余裕のある方で、効果が出なくてもよいという人はいいですが(そんな人いないか^^;)、自分のようなただのサラリーマンにはとてもじゃないですがHARG(ハーグ)療法は無理ですね。


やはり プロペシア錠ミノキシジルタブレット で治療することをおすすめします。


内服薬だけでは不安ですか?大丈夫!自分は内服薬だけでこんなに発毛しました。

AGA治療BeforeAfer

AGA治療開始前と現在。発毛したのでオシャレに髪の色を変えました!


自分は 銀座総合美容クリニック でAGA治療をおこないました。

>>銀座総合美容クリニックでのAGA治療体験はこちら<<


もしあなたが HARG(ハーグ)療法 を考えているようであれば、内服薬での治療と一緒におこなうことをおすすめします。そして、信頼できるクリニックで治療しましょう。


AGA治療を開始すれば、来年には違う自分に出会えます。治療は早ければ早い方がいい。手遅れになる前にAGA治療専門クリニックの無料カウンセリングを受診することをおすすめします。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

コメント

お名前 (必須)

メールアドレス

 (アドレスは公開されません)

Trackback URL

「AGA治療」ならココしかない!